愛称について

愛称の目的

土地改良区の愛称は、21世紀土地改良区創造運動()の一環として、土地改良区が身近で親しみやすい組織として、地域に、そして広く国民に認知してもらうことを目的としています。

)21世紀土地改良区創造運動は、新しい時代を迎え、農業農村を取り巻く情勢が著しく変貌する中、土地改良区が果たしてきた役割、機能を改めて振り返るとともに、多面的な機能の発揮など国民が期待する新たな役割の実現に向けて、土地改良区が地域の人達と一緒になって考え取り組んでゆく運動。


愛称の意味

について

「水」は農業用水、地域用水などを、「土」は土地、農地、土壌などを、「里」は農村空間や農家・非農家の生活空間などを意味。

また「水土里」(みどり=緑、グリーン)には、“自然”とか“環境への影響を少なくする”意味があることから、豊かな自然環境や美しい景観を意味し、おいしい水、きれいな空気など清廉なイメージを表現。

『水土里ネット』について

土地改良区は、全国の40万kmに及ぶ水路などのネットワークによって農村の健全な水循環を形成し、農地を潤すことにより、安全で安心な「食」と「農」の基礎づくりを担うとともに、これが国民共有の財産である美しい農村の基礎ともなっているとの役割を地域及び国民にアピールし、併せて、

人、物、情報のつながりにより、農地のみならず、地域住民や土地住民と連携(ネットワーク)して、「水」、「土」、「里」を創造し、都市と農村の共生対流を促進。

農村で発生する有機性資源(集落排水汚泥等)の農地への還元など、廃棄物のリサイクルによる資源循環を通じ、循環型社会の構築に取り組む。

等の将来に向けた土地改良区の役割と姿を表現。
(今後、この愛称の浸透を図る中で、上記以外の意味づけを土地改良区自らが検討。)