配水管理の年間業務

香川用水土地改良区では農業用水を受益地内に無駄なく配水するため、次のような年間スケジュールに基づき業務を行っています。

配水管理の流れ 備   考
1月 ・新年度の年間取水量について、地元水利団体と協議
・新年度の年間取水計画を担当の配水管理委員会に諮る
取水:吉野川の水を香川用水に取入れること
配水:取入れた水を受益地内に配ること
2月 新年度取水計画・配水計画を理事会に諮る  
3月 取水計画・配水計画を総代会で決定
地区別・分水工別配水計画書の作成
非かんがい期(4/1 〜 6/10)@の配水日程表作成
 
4月 1日:非かんがい期@の配水を開始
かんがい期(6/11〜10/10)Aの配水日程表を作成
 
5月 かんがい期Aの配水日程表を地元に説明(83水利団体)  
6月
1日〜10日: 東部幹線揚水機の運転準備
(本線・支線のパイプライン充水)
11日: かんがい期の配水を開始
・5日毎に業務予定表作成
・業務予定表に基づき5日毎に分水操作実施
 (共用区間は、水資源機構に分水操作を依頼)
 (農業用水専用区間は、土地改良区職員が実施)
 
9月 非かんがい期(10/11〜11/30)Bの配水日程表作成  
10月 11日:非かんがい期Bの配水を開始  
11月 非かんがい期(12 / 1〜3 /31)Cの配水日程表作成  
12月 1日:非かんがい期Cの配水を開始
・新年度の年間取水量について、地元水利団体と協議
 
4月 ・前年度の取水実績・配水実績調書作成
・前年度の管理年報作成
 




○配水説明会


○分水工操作:土地改良区の職員が実施